FC2ブログ

2018-08

8月6日(月) 大塚直哉レクチャー・コンサート・シリーズ 《音楽と美術の幸せな結婚》 第2回 - 2018.06.11 Mon

耳にも美しく目にも美しいひとときを
肖像を刻む―視覚と聴覚によるポートレート「ルーヴル美術館展」の名画と音楽 LOUVRE 
チェンバロ:大塚直哉 トーク・ゲスト:ヤマザキマリ (漫画家・随筆家 )


会 期: 2018年 86日(月)19時 開演 
会 場: よみうり大手町ホール(東京都千代田区大手町1-7-1)
料 金: 4,000円(全席指定、税込み) 
      ※各プレイガイドで発売中
主 催: 読売新聞社 
お問合せ: オフィスアルシュ tel.03-3565-6771

20180806_front.jpg  20180806_back.jpg


NaoyaOtsuka.jpg  MariYamazaki.jpg


【公演概要】 肖像を刻む―視覚と聴覚によるポートレート:
「ルーヴル美術館展」の名画と音楽 


読売新聞社主催の3つの展覧会「プラド美術館展」「ルーヴル美術館展」「ブリューゲル展」を題材に、案内役の大塚直哉が、各回美術に詳しいスペシャル・ゲストを招いてトークと演奏をお届けするシリーズ企画。

2回目の今回は、「ルーヴル美術館展」のテーマ、「肖像」についてのお話と演奏をお楽しみいただきます。トーク・ゲストは古代ローマと現代日本の風呂文化を描いたヒット作「テルマエ・ロマエ」で知られ、西洋美術史にも詳しい漫画家・随筆家のヤマザキマリさん。西洋美術の歴史の中で、またヤマザキさん自身の作品で、「人は人をどのように表現してきたのか」ということについてお話を伺ってみたいと思います。

一方音楽でも、とくに18世紀フランスのクラヴサン音楽には、特定の人物やギリシャ神話の神の名をタイトルにつけた、まさに「肖像」と言える作品が多数残されています。形や線で、そして音で刻むポートレートをめぐって、美術と音楽の両面から考えたとき、新しく見えてくるものがあるかもしれません。

予定曲目:
・F.クープラン:
 《クラヴサン曲集》第16オルドルより「たぐいまれなる気品、またはコンティ」、第13オルドルより「フランスのフォリア、または色とりどりのドミノ」、
・A.フォルクレ:
 クラヴサン組曲第3番ニ長調より「摂政」、第5番ハ短調より 「ジュピター」
・ほか

(参考)ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか:国立新美術館 2018年9月3日まで開催中

第1回4/13の演奏会評(「音楽の友」6月号コンサートレヴュー by オフィスアルシュ)








スポンサーサイト

5月27日 折原麻美 ヴィオラ・ダ・ガンバ リサイタル - 2018.04.25 Wed

折原麻美 帰国記念ヴィオラ・ダ・ガンバ リサイタル

20180527_1.jpg

20180527_2.jpg

日時:5月27日(日)14:00開演 (開場13:30)
会場:求道会館(地下鉄南北線「東大前」駅より徒歩5分)
◆◆◆
プログラム(予定):
マレ/《ヴィオール曲集第2巻》よりスペインのフォリア
シェンク/《ドナウ川のこだま》よりソナタ ニ長調

◆◆◆
出演:
ヴィオラ・ダ・ガンバ:折原麻美
<共演>
バロック・リュート:佐藤亜紀子
ヴィオラ・ダ・ガンバ:鬼澤悠歌
◆◆◆
入場料:一般前売3,500円(当日4,000円) 学生2,000円 全自由席
ご予約・お問合せ:音楽事務所アシストoffice_assist@ac.auone-net.jp
折原麻美ウェブ・サイトhttps://www.oriharaasami.com/










《マタイ受難曲》 楽奏団あ・うん 2018.3.24 - 2018.03.02 Fri

〜マタイ受難曲〜
2018年3月24日(土)13:15開演 (12:45開場)
於:ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会

楽奏団あ・うんfront

楽奏団あ・うんback

【出演】
指揮:上杉清人
楽奏団 あ・うん

【プログラム】
マタイ受難曲(全曲)

【料金】全席自由
前売 ¥2,000
当日 ¥2,500
学生券 ¥1,500

お問合せ:
楽奏団あ・うん事務局
gassoudan.aun@gmail.com





2月10日 コンサート さくら さくら - 2018.01.24 Wed

【コンサート さくら さくら】

~折口未桜・櫻井茂によるヴィオラ・ダ・ガンバ デュエット~

・日時 2018年210(土) 午後 300開演 ( 2時半開場 )
・場所 パンダサロン(京王線上北沢駅北口から徒歩5分)
 ※個人のお宅のため予約をしてくださった方にのみ詳しい住所をお知らせしております。

flyer_20180210.jpg

◆◆◆

『曲目』
M.マレ(1656-1728)Marin Marais
「ラ・フォリア」

クリストフ・シャフラート
「デュエット」

ほか

◆◆◆

ヴィオラ・ダ・ガンバ: 折口未桜 ・ 櫻井茂

◆◆◆

一般 2,000円
ご予約:sakura_gamba_sakura@yahoo.co.jp
080-6594-0144(折口)
※この演奏会の収益は折口未桜の奨学金返済にあてられます





2018.2.17 アンサンブル・メリメロ第16回公演 - 2017.12.28 Thu

【第16回 アンサンブル・メリメロ公演】
~ヴェルサイユの響きを今に~
・2018年217(土) 午後 400開演 ( 3時半開場 )
本郷カトリック教会(駒込駅から徒歩5分)

melimelo2018_front.jpg

melimelo2018_back.jpg

◆◆◆
今回の演目はフレンチ珠玉の器楽曲とラモーのカンタータ『忠実な羊飼い』~恋人の“妖精アマリッリ”が生贄になってしまうと嘆く“羊飼いミルティル”。身代わりを望む彼の強い愛情に“狩りの神ディアナ”は心動かされ……

◆◆◆
『曲目』

J.M.ルクレール (1697-1764)Jean-Marie Leclair
フルート, ヴァイオリン, 通奏低音のためのトリオソナタ ニ長調 作品13-2
Sonate en trio pour la flûte traversière et le violon avec la basse continue

M.マレ(1656-1728)Marin Marais
ヴィオール曲集 第4巻より組曲 イ短調
Pièce de viole du sur quatrième livre, suite en la mineur

M.P.モンテクレール(1667-1737)Michel Pignolet Montéclair
フルートのためのコンセール第2番
Deuxième Concert pour la flûte traversière

G.Ph.テレマン(1681-1767)Georg Philipp Telemann
パリ四重奏曲より第1番 ニ長調
Premier quatuor parisien en ré majeur

J.Ph.ラモー(1683-1764)Jean-Philippe Rameau
ソプラノ, フルート, ヴァイオリン, 通奏低音のためのカンタータ「忠実な羊飼い」
Cantate à voix seule avec Symphonie " Le Berger fidèle "

ほか

ソプラノ:原雅巳
バロック・フルート:中村栄一
バロック・ヴァイオリン:高藤朋子
ヴィオラ・ダ・ガンバ:中村洋子
チェンバロ:伊藤明子

一般1,500円、大学生以下1,000円、(当日200円増)
ご予約:komagomeconcert@yahoo.co.jp (←@を半角に書き直して下さい)お名前、枚数、お電話番号をメールでお知らせ下さい。
主催:駒込コンサート

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

予約状況 (73)
コンサートご案内 (39)
CDのご案内 (3)
ジャーナル (3)
お知らせ (3)
写真 (0)
未分類 (0)
変更履歴 (0)

検索フォーム

最新コメント

プロフィール

quatresaisons2012

Author: "quatre saisons"
◆カトルセゾン◆
・チェンバロ練習室(貸スタジオ)
・コンサートの案内
 etc.

Arakawa-ku, Tokyo Japan

月別アーカイブ