FC2ブログ

2018-10

11月3日(土・祝) 千駄木親子オーケストラ定期演奏会 - 2018.09.27 Thu

秋のコンサート (定期演奏会 )
千駄木親子オーケストラ
2018年 11月 3日(土・祝) 19:00 開演 ( 18:45開場 )

20181103_front.jpg

場所:不忍通りふれあい館地下1階ホール(根津駅から徒歩3分)
・入場料:無料、なるべくご予約ください
・ご入場の際はご予約の方を優先します。
◎未就学児も 入場可能です。(要予約)
【ご予約方法】(120席限定)
・「全員のご氏名 ・ふりがな、+お子様は年齢又は学年」をshiomistrings@yahoo.co.jp 又は 、090-1437-7860(前田 )迄ご連絡下さい。
ホームページの問合せ窓口からも予約可能です。
※満席になりましたらご予約を打ち切ります。

◆ ヴァイオリン協奏曲op.8-1四季から「春」 第1~3楽章 (A.ヴィヴァルディ)
「シンコペイテッド・クロック」 (L.アンダーソン)
「カムアゲイン」(J.ダウランド)
「亡き王女のためのパヴァーヌ」 (M.ラヴェル)
「4本の弦によるチリ 」より(G.ソーブレッテ )
「2つのヴァイオリンのための協奏曲」 第1楽章 (J.S.バッハ)

指揮  前田秀
ヴァイオリン 川又夏音 重竹菜名子 重竹遥香 重竹美穂 清水美伶 新谷ゆかり 高藤朋子 東海林真緒 東海林紗矢 所弥生 所蓮 八木翔太郎 瀬島明彦(賛助) 玉城晃子(賛助)
ヴィオラ  前田薫 瀬島浩子 (賛助)
チェロ  東海林洋介 吉開正治郎
コントラバス 北村隆男(賛助) 
チェンバロ 川又理香
パーカッション 所五月
※出演者・曲目を変更する場合があります。

千駄木親子オーケストラ:
親子で一緒に参加できる弦楽合奏団です。演奏を楽しみながら地域との絆を深めて行くことを目指しています。汐見小学校音楽室等で毎月2回ほど練習しています。よかったら見学にいらして下さい。大人のみ・お子さんのみの参加も可能です。

【 下町まつり出演 】10月20日(土)15時より、同じふれあい館 ホールで、一部のメンバーが、11/3と同じ6曲を演奏します。こちらもお聴き下さい。

Sendagi Oyako Orchestra千駄木親子オーケストラ












スポンサーサイト

9月15日(土) マラン・マレ ヴィオル作品 連続演奏会Ⅷ - 2018.08.24 Fri


出演:
バス・ド・ヴィオール 櫻井 茂
クラブサン 桒形亜樹子


日時: 2018年 915日(土)15時 開演 (14:30開場)
会 場: 神田キリスト教会

料 金: 一般4,000円(前売り3,500円)  学生2,000円
ご予約・お問合せ: 音楽事務所アシスト 
03-3304-9250 
mail: office_assist@ac.auone-net.jp

20180915.jpg

曲目:
・組曲イ長調(ヴィオル曲集第2巻)
・組曲イ短調(ヴィオル曲集第3巻)
・組曲ニ長調(ヴィオル曲集第4巻)










8月6日(月) 大塚直哉レクチャー・コンサート・シリーズ 《音楽と美術の幸せな結婚》 第2回 - 2018.06.11 Mon

耳にも美しく目にも美しいひとときを
肖像を刻む―視覚と聴覚によるポートレート「ルーヴル美術館展」の名画と音楽 LOUVRE 
チェンバロ:大塚直哉 トーク・ゲスト:ヤマザキマリ (漫画家・随筆家 )


会 期: 2018年 86日(月)19時 開演 
会 場: よみうり大手町ホール(東京都千代田区大手町1-7-1)
料 金: 4,000円(全席指定、税込み) 
      ※各プレイガイドで発売中
主 催: 読売新聞社 
お問合せ: オフィスアルシュ tel.03-3565-6771

20180806_front.jpg  20180806_back.jpg


NaoyaOtsuka.jpg  MariYamazaki.jpg


【公演概要】 肖像を刻む―視覚と聴覚によるポートレート:
「ルーヴル美術館展」の名画と音楽 


読売新聞社主催の3つの展覧会「プラド美術館展」「ルーヴル美術館展」「ブリューゲル展」を題材に、案内役の大塚直哉が、各回美術に詳しいスペシャル・ゲストを招いてトークと演奏をお届けするシリーズ企画。

2回目の今回は、「ルーヴル美術館展」のテーマ、「肖像」についてのお話と演奏をお楽しみいただきます。トーク・ゲストは古代ローマと現代日本の風呂文化を描いたヒット作「テルマエ・ロマエ」で知られ、西洋美術史にも詳しい漫画家・随筆家のヤマザキマリさん。西洋美術の歴史の中で、またヤマザキさん自身の作品で、「人は人をどのように表現してきたのか」ということについてお話を伺ってみたいと思います。

一方音楽でも、とくに18世紀フランスのクラヴサン音楽には、特定の人物やギリシャ神話の神の名をタイトルにつけた、まさに「肖像」と言える作品が多数残されています。形や線で、そして音で刻むポートレートをめぐって、美術と音楽の両面から考えたとき、新しく見えてくるものがあるかもしれません。

予定曲目:
・F.クープラン:
 《クラヴサン曲集》第16オルドルより「たぐいまれなる気品、またはコンティ」、第13オルドルより「フランスのフォリア、または色とりどりのドミノ」、
・A.フォルクレ:
 クラヴサン組曲第3番ニ長調より「摂政」、第5番ハ短調より 「ジュピター」
・ほか

(参考)ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか:国立新美術館 2018年9月3日まで開催中

第1回4/13の演奏会評(「音楽の友」6月号コンサートレヴュー by オフィスアルシュ)








5月27日 折原麻美 ヴィオラ・ダ・ガンバ リサイタル - 2018.04.25 Wed

折原麻美 帰国記念ヴィオラ・ダ・ガンバ リサイタル

20180527_1.jpg

20180527_2.jpg

日時:5月27日(日)14:00開演 (開場13:30)
会場:求道会館(地下鉄南北線「東大前」駅より徒歩5分)
◆◆◆
プログラム(予定):
マレ/《ヴィオール曲集第2巻》よりスペインのフォリア
シェンク/《ドナウ川のこだま》よりソナタ ニ長調

◆◆◆
出演:
ヴィオラ・ダ・ガンバ:折原麻美
<共演>
バロック・リュート:佐藤亜紀子
ヴィオラ・ダ・ガンバ:鬼澤悠歌
◆◆◆
入場料:一般前売3,500円(当日4,000円) 学生2,000円 全自由席
ご予約・お問合せ:音楽事務所アシストoffice_assist@ac.auone-net.jp
折原麻美ウェブ・サイトhttps://www.oriharaasami.com/










《マタイ受難曲》 楽奏団あ・うん 2018.3.24 - 2018.03.02 Fri

〜マタイ受難曲〜
2018年3月24日(土)13:15開演 (12:45開場)
於:ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会

楽奏団あ・うんfront

楽奏団あ・うんback

【出演】
指揮:上杉清人
楽奏団 あ・うん

【プログラム】
マタイ受難曲(全曲)

【料金】全席自由
前売 ¥2,000
当日 ¥2,500
学生券 ¥1,500

お問合せ:
楽奏団あ・うん事務局
gassoudan.aun@gmail.com





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

予約状況 (74)
コンサートご案内 (41)
CDのご案内 (3)
ジャーナル (3)
お知らせ (4)
写真 (0)
未分類 (0)
変更履歴 (0)

検索フォーム

最新コメント

プロフィール

quatresaisons2012

Author: "quatre saisons"
◆カトルセゾン◆
・チェンバロ練習室(貸スタジオ)
・コンサートの案内
 etc.

Arakawa-ku, Tokyo Japan

月別アーカイブ