FC2ブログ

2018-06

◆◆2018年9月 予約状況◆◆  - 2018.06.11 Mon

2018年9月

【練習室予約状況】(敬称略)

・9/ 3(月)14:40~調律、15:00〜17:00 西野(晟)(2名) vn, cem415
・9/ 4(火)10:30〜13:00 15:00~17:00 野崎(真)(6名) fls, vns, vdg, cem415
・9/ 4(火)18:00〜20:00 高藤(2名) vns
・9/ 5(水)10:15~調律、10:30〜13:00 15:00~20:00 野崎(真)(6名) fls, vns, vdg, cem415
・9/ 6(木)10:15~調律、10:30〜13:00 15:00~18:00 野崎(真)(6名) fls, vns, vdg, cem415
・9/ 8(土)10:40~調律、11:00〜13:00 西野(晟)(2名) vn, cem415
・9/ 9(日)10:30~調律、11:00~13:30, 15:00~17:00 野崎(4名) fl, vn, vdg, cem415

・9/11(火)16:00〜18:00 今井(亜)(2名) rec, cem415
・9/11(火)18:00〜20:00 高藤(2名) vns
・9/12(水)13:00〜17:00 高藤(ゆ)(3名) vdgs

・9/25(火)10:30〜13:00 村上(惇)(3名) vocals, cem415
・9/29(土)14:40~調律、15:00〜19:00 西野(晟)(2名) vn, cem415 

※8月11日更新

◆利用可能の曜日◆
※当面、歯科診療日の関係で【水日祝】は原則練習室をお休みとさせていただきます。(お貸しできる場合もあるので、お問い合わせ下さい)

◆お申込みに際して◆
・初めてご利用の場合は紹介者が必要です。紹介者のご氏名・ご関係等をお書き添え下さい。
・過去にご利用になった方は原則として紹介者不要です。
・金管楽器、打楽器、その他、音(声)の大きい方は、ご利用をお断りしております。

◆予約方法◆
・ご利用の3か月前から予約可能です。
・お申込みの際は、「ご希望の日時(曜日)」「総人数」「利用者全員のご氏名・楽器」「申込者緊急連絡先(携帯TEL・アドレス等)」を明記し、下記へメールでご連絡下さい。
quatresaisons2012◎gmail.com (◎を@に変更して下さい)
・歯科へ確認の上お返事いたします。お返事を急ぐ場合はその旨お書き下さい。
・仮予約は承っていません。利用することが、ある程度確実になってからご連絡下さい。
・多くの方が利用できるよう、「直前の予約」「直前のキャンセル」をなるべく避けて下さい。ご事情による急なキャンセル・急なご入用は構いません。できるだけ対応いたしますので、ご連絡下さい。
・お申込み戴いても、ブログ未記載の場合は予約未成立です。記載漏れに気づいた場合はどうぞお知らせ下さい。お申し込みいただいてから、概ね一両日中に記載するようにしております。
・一度に沢山お申込み戴いた場合は一部をお断りする場合があります。ですがまずはご希望をお知らせ下さい。

◆利用料金◆
・1時間あたり600円、30分は300円です。(できるだけ2時間以上、30分単位でお申込み下さい)
・お釣りの無いよう封筒(:月日・お名前・金額ご記入下さい)に入れ、歯科スタッフへお渡し下さい。
・領収証の必要な方は事前にお申し付け下さい。

◆利用可能時間◆
(原則として) 10:30~13:00、 15:00~20:00
※13:00~15:00は歯科休憩等に使っていますが、ご希望があれば調整してみます。
※2018年5月から終了時間を原則20:00までといたします。延長をご希望の場合はお申し出下さい。
※歯科の研修・事務作業等のため練習室をお貸しできない場合があります。

◆その他◆
・ゴミはお持ち帰り下さい。
・チェンバロのご利用は、基本的にチェンバロ専門家とそれに準じる方で、扱いに慣れている方に限定させていただきます。学生さん・アマチュアの方もOKです。ピアノの方にはお貸しできません。デリケートな楽器なので、ご了承下さい。
・チェンバロはyoung、415Hzに調律しています。
・440Hzは、ご自身での調律と復帰が原則となります。

◆アクセス方法◆
荒川区西日暮里5-27-4-203 エル・アルカサルフジ

【西日暮里駅から】
 ・JR「西日暮里駅」改札を出たら右へ(道灌山通り沿いを「餃子の王将」「トーマス」「docomo」などが見える方向へ)歩いて3~4分。
・千代田線「西日暮里駅」の三河島方面改札からは2分ほど。バス停「西日暮里5丁目」から1分。

【新三河島駅・三河島駅・日暮里駅から】
・京成線「新三河島駅」から10分
・JR上野東京ライン(常磐線)「三河島駅」から10分
・JR「日暮里駅」から10分。

※ビルは「ハセベ工務店」お隣で、ガスト向い側です。踏切(貨物線)は渡りません。
※水色の螺旋階段、又は中央のエレベーターで、2階までお越し下さい。














スポンサーサイト

8月6日(月) 大塚直哉レクチャー・コンサート・シリーズ 《音楽と美術の幸せな結婚》 第2回 - 2018.06.11 Mon

耳にも美しく目にも美しいひとときを
肖像を刻む―視覚と聴覚によるポートレート「ルーヴル美術館展」の名画と音楽 LOUVRE 
チェンバロ:大塚直哉 トーク・ゲスト:ヤマザキマリ (漫画家・随筆家 )


会 期: 2018年 86日(月)19時 開演 
会 場: よみうり大手町ホール(東京都千代田区大手町1-7-1)
料 金: 4,000円(全席指定、税込み) 
      ※各プレイガイドで発売中
主 催: 読売新聞社 
お問合せ: オフィスアルシュ tel.03-3565-6771

20180806_front.jpg  20180806_back.jpg


NaoyaOtsuka.jpg  MariYamazaki.jpg


【公演概要】 肖像を刻む―視覚と聴覚によるポートレート:
「ルーヴル美術館展」の名画と音楽 


読売新聞社主催の3つの展覧会「プラド美術館展」「ルーヴル美術館展」「ブリューゲル展」を題材に、案内役の大塚直哉が、各回美術に詳しいスペシャル・ゲストを招いてトークと演奏をお届けするシリーズ企画。

2回目の今回は、「ルーヴル美術館展」のテーマ、「肖像」についてのお話と演奏をお楽しみいただきます。トーク・ゲストは古代ローマと現代日本の風呂文化を描いたヒット作「テルマエ・ロマエ」で知られ、西洋美術史にも詳しい漫画家・随筆家のヤマザキマリさん。西洋美術の歴史の中で、またヤマザキさん自身の作品で、「人は人をどのように表現してきたのか」ということについてお話を伺ってみたいと思います。

一方音楽でも、とくに18世紀フランスのクラヴサン音楽には、特定の人物やギリシャ神話の神の名をタイトルにつけた、まさに「肖像」と言える作品が多数残されています。形や線で、そして音で刻むポートレートをめぐって、美術と音楽の両面から考えたとき、新しく見えてくるものがあるかもしれません。

予定曲目:
・F.クープラン:
 《クラヴサン曲集》第16オルドルより「たぐいまれなる気品、またはコンティ」、第13オルドルより「フランスのフォリア、または色とりどりのドミノ」、
・A.フォルクレ:
 クラヴサン組曲第3番ニ長調より「摂政」、第5番ハ短調より 「ジュピター」
・ほか

(参考)ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか:国立新美術館 2018年9月3日まで開催中

第1回4/13の演奏会評(「音楽の友」6月号コンサートレヴュー by オフィスアルシュ)








NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

予約状況 (73)
コンサートご案内 (39)
CDのご案内 (3)
ジャーナル (3)
お知らせ (3)
写真 (0)
未分類 (0)
変更履歴 (0)

検索フォーム

最新コメント

プロフィール

quatresaisons2012

Author: "quatre saisons"
◆カトルセゾン◆
・チェンバロ練習室(貸スタジオ)
・コンサートの案内
 etc.

Arakawa-ku, Tokyo Japan

月別アーカイブ